土地家屋調査士の仕事|マンションを売る相手としてふさわしい不動産会社

マンションを売る相手としてふさわしい不動産会社

模型を持つ人

土地家屋調査士の仕事

内観

土地家屋調査士は東京や全国に多くいらっしゃいます。そんな土地家屋調査士の方々は、不動産取引の際の安全を確保する重要な役目を果たしています。土地家屋調査士の存在によって、東京や全国でより公正な不動産取引が行なえると言って良いでしょう。
では、その業務内容を見てみましょう。まず一つ目の業務は、家屋の調査です。対象となる不動産について現況を正確に把握するために調査や測量を行なっていきます。東京の物件の中には、登記情報と現況が異なっているものも存在します。そういったずれは不動産売買の際にトラブルを引き起こすことに繋がります。土地家屋調査士の働きによって、そうした欠陥が取り除かれているのです。二つ目の業務は、申請手続きの代行です。通常、登記の申請は物件の所有者によって行なわれなければなりません。しかし、そうした申請は専門的な分野であり、不動産売買を手掛けた経験があまりない方にとっては難しく感じられるでしょう。土地家屋調査士は、そうした複雑な手続きをその高い専門性をもって代行してくれるのです。
三つ目の業務は、民間の土地問題について解決の一助となることです。所有する土地を表す要素に筆界というものがありますが、その筆界にまつわる土地問題が発生した場合には、解決の手続きを代行してくれます。この業務は土地家屋調査士の中でも一部に限られています。
また、東京や全国において、そうした業務に関する相談も受け付けています。不動産売買を行なう際には関わりが多くなるこの土地家屋調査士は、注目しておくべきではないでしょうか。